【銘柄分析 PRU】(プルデンシャルファイナンシャル)米国高配当保険会社 【配当利回り7.55% 増配記録12年】

STOCK
スポンサーリンク

最近のCOVID-19(新型コロナウィルス)影響で、米国株式市場が大きく調整しています。

この機会に高配当の優れた企業を購入したいと考えていますが、一番の購入候補がPRU(プルデンシャルファイナンシャル)です。

現在配当利回り【7.55%】まで株価は下がっており、今月中にタイミングを見て1万ドル程度の打診買いをする予定です。

スポンサーリンク

1.PRU(プルデンシャルファイナンシャル)企業概要

企業名 プルデンシャル ファイナンシャル
ティッカーシンボル PRU
従業員数 51,511人
企業URL https://www.prudential.com/welcome-back
業種 保険(生命・健康)
売上高 65,122MUS$
株価 58.24 USD   (2020年3月9日時点)
PER 5.76倍
配当利回り 7.55%
予想一株配当 4.4US$
増配年数 12年
配当性向 43%

アメリカのメットライフ(MET)に次ぐ巨大保険会社です。
現在、COVID19の影響で5年ぶり安値を更新しています。

2.企業業績推移

モーニングスターよりデータを抽出しグラフ化しました。

2012年と2013年にデコボコしていますが、基本的に売り上げは綺麗な右肩上がりです。
見ずらいですが、純利益は横ばいです。保険会社はこんなものですかね。

キャッシュフローは年により増減しますが、営業キャッシュフローマージンは20%以上を保っており、非常に良い数字と思います。

3.配当安全性・持続性(10年増配記録・43%配当性向・

2020年の年間予想配当金は【4.4US$】となり、現在の株価で計算すると、配当利回りは(7.55%)です。

DPS(一株配当金)とEPS、フリーCFPSの推移です。
DPSはEPS範囲内で収まっており、フリーキャッシュフローは大きく上回っており、配当安全性は高いように見えます。

もう少し見やすいグラフを作りました。
オレンジのDPS(一株配当金)に対し、EPSとフリーCCFPSが大きく上回っており、同様に配当安全性が高いように見えます。
※2013年はEPSがDPSを下回っていますね。ただ、フリーCFPSが上回っているので、問題ないでしょう。

2009年に一旦増配記録は途切れますが、それ以降は増配を重ね、増配年数は【12年】と実績はあります。
2019年からの増配率は【10%】です。

また、自社株買いも積極的に行っており、以下が発行済み株式数量推移です。

4.リスク

以上の通り、配当狙いとしては、素晴らしい企業と思われます。

但し、心配なのは、米国10年債利回りの歴史的下落で、収益が落ちないかが心配です。
どの程度の影響が出るか、虎之助はわからないので、今後の決算を注視する必要があります。

以上、参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました