【銘柄分析 SPGI】信用格付け・指数算出・寡占企業 【配当利回り0.8% 増配記録49年 増配率(10年)12%】

STOCK
スポンサーリンク

こんにちは。虎之助です。

高い増配率、売上成長を続けている、金融サービス企業(SPGI)について紹介します

 本記事では、(SPGI)の個人的な評価【採点表】と、会社概要、配当、業績、アナリスト予想などについて解説します。

スポンサーリンク

企業採点表(個人的見解)

早速ですが、企業評価表(個人的見解)です。
※あくまでも、個人的見解となり、ご自分の投資の参考にされるかは、自己判断でお願いします。

投資判断は、【★★☆☆☆(星2つ)】 ※(星5つ)が最高点

・増配記録49年(配当貴族)銘柄。
・売上成長率・増配率・アナリスト予想は高い。
・指数指標を提供する金融サービス業で、バフェットが言う『モート(堀)』高く、代替されにくい

ただし、株価高く(高PER)、配当利回り低い(0.84%)ため、(星4つ)評価

項目 数値 評価 備考
配当 配当利回り 0.84%  
増配年数(年) 49年  
増配率(10年) 12%  
増配率(3年) 14%  
配当性向 24%  
業績 売上高成長率(10年) 8%  
当期純利益成長率(10年) 15%  
Gross margin(直近四半期) 71%  
アナリスト
予想
売上成長率(3年) 23%  
EPS成長率(3年) 12%  
Analyst consensus Buy  
株価
バリュエーション
PER(倍) 29倍  
トータルリターン(過去5年) 163%  

企業概要

 S&Pグローバル社は、その子会社とともに、世界の資本市場、商品市場、自動車市場において、信用格付、ベンチマーク、分析、ワークフロー・ソリューションを提供しています。

 6つの部門から構成されています。S&Pグローバル・レーティングス、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス、S&Pグローバル・コモディティ・インサイト、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス、S&Pグローバル・モビリティ、S&Pグローバルエンジニアリング・ソリューションズ。

 主に、機関投資家向けに、様々な評価やインデックス・ベンチマークを提供しています。こういった指数は、一旦採用されると変更は難しく、また定期的な収入が期待できます。
本ビジネスモデルは非常に素晴らしく、虎之助も大好きなビジネスモデルです。

企業概要

会社概要 更新日: 2022/8/9
社名 S&P Global Inc. (SPGI)
ティッカーシンボル SPGI
国籍 United States
業種 Capital Markets
セクター Financials
従業員数 22,850人
売上高 9.56B
扱い証券会社 SBI証券(〇)
楽天証券(〇)
マネックス証券(〇)
株価 378.12
PER 28.52
予想PER 29.94
PBR 3.2
年間配当(利回り) $3.16 (0.84%)
配当性向 24%
増配年数 49年
配当成長率 (1年平均): 9.7%
(3年平均): 13.9%
(5年平均): 15.5%
(10年平均): 12.09%

株価

一年間の株価推移です。

6月の底値から、200日移動平均線を上抜けし、50日移動平均線に挑戦中です。
個人的には、株価は(SPGIが、というよりも市場全体は)インフレ高止まりと、FRBの継続利上げにより、2番底をつけるリスク高いと見ていますが、どうでしょうか。

トータルリターン(SP500指数との比較)

・トータルリターン(配当・キャピタルゲイン)比較表です。過去5年トータルリターンは、指数(SP500)を圧倒しています。

 ・SPGI(過去5年累計  162.6%) ※年平均33%
 ・SP500(過去5年累計 85.5%)※年平均17%

配当・増配状況

配当利回り等の指標は以下の通りです。
配当利回りは(0.84%)と低いです。

但し、増配年数49年と、あと1年で増配年数50年(配当王)となります。
また、5年平均増配率: 15.5%】と高いペースで増配を続けています。

株価 378.12
年間配当(利回り) $3.16 (0.84%)
配当性向 24%
増配年数 49年
配当成長率 (1年平均): 9.7%
(3年平均): 13.9%
(5年平均): 15.5%
(10年平均): 12.09%

一株当たり配当・増配率推移

一株当たり配当は、順調に右肩上がりとなっています。
直近の増配率は約10%以上と、高い増配率を維持しています。

配当安全性

配当安全性確認のため、【一株当たり配当】が【EPS】【フリーCF】範囲内か以下グラフで確認します。

2014年、2015年にEPS、フリーCFが配当を下回りましたが、その後は、一株当たり配当(橙色)は、EPS(青線)、フリーキャッシュフロー(灰色線)の範囲内で、配当安全性は高く、今後の増配継続性に期待できます。

業績・財務状況

売上・利益・(年次)

売上・営業CF・純利益とも、基本的に右肩上がりで増加しており、問題ありません。
売上高成長率は、【10年平均8%】【3年平均10%】とそれほど高くは有りません。
但し、直近で売上成長率が加速しています。

売上・利益・(四半期)

(四半期)決算でも、売上・営業CF・純利益とも、基本的に右肩上がりで増加しており、問題ありません。

営業キャッシュフロー(年次)

営業CFは、基本的に右肩上がりで着実に増加しており、問題ありません。
営業CFマージンは、【5年平均40%】と非常に高いです。
営業CFマージンの目安は(15~35%)であれば、良い数値なので、40%は素晴らしい数値です。

営業CF成長率は、【5年平均19%】と非常に高いです。

アナリスト予想(売上)

アナリスト予想(売上)は、右肩上がりで増加しており、問題ありません。
アナリスト予想(売上成長率)、【3年平均23%】と非常に高く、期待を持てます。

アナリスト予想(EPS成長)

アナリスト予想(EPS)は、右肩上がりで増加しており、問題ありません。
アナリスト予想(EPS成長率)、【3年平均12%】と高く、期待を持てます。

株価バリュエーション(PER推移)

現状PERは、 29 倍
過去10年平均PERは、 23 倍
PERは過去10年平均PERより<高い>。 株価は割高です。

【再掲】企業採点表(個人的見解)

早速ですが、企業評価表(個人的見解)です。
※あくまでも、個人的見解となり、ご自分の投資の参考にされるかは、自己判断でお願いします。

投資判断は、【★★☆☆☆(星2つ)】 ※(星5つ)が最高点

・増配記録49年(配当貴族)銘柄。
・売上成長率・増配率・アナリスト予想は高い。
・指数指標を提供する金融サービス業で、バフェットが言う『モート(堀)』高く、代替されにくい

ただし、株価高く(高PER)、配当利回り低い(0.84%)ため、(星4つ)評価

項目 数値 評価 備考
配当 配当利回り 0.84%  
増配年数(年) 49年  
増配率(10年) 12%  
増配率(3年) 14%  
配当性向 24%  
業績 売上高成長率(10年) 8%  
当期純利益成長率(10年) 15%  
Gross margin(直近四半期) 71%  
アナリスト
予想
売上成長率(3年) 23%  
EPS成長率(3年) 12%  
Analyst consensus Buy  
株価
バリュエーション
PER(倍) 29倍  
トータルリターン(過去5年) 163%  

以上、参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました