【米国株絶好調】但し米国10年国債金利は不気味に下落

STOCK
スポンサーリンク
米国株式市場は絶好調だが、過度のリスクは避けたほうが良い。との意見です。

昨日の米国市場は、前日のアップル社の利益警告の影響から、大きく下落すると考えていました。

ところが蓋を開けてみると、開場後は下げるものの、その後ほぼ持ち直し、行って来いの結果に。

アップル株こそもっと下げると思いきや、結局(-1.83%)下げただけで終了。

その他、アップル以外のGAFAは軒並み上昇。市場全体も、ほぼ、新型コロナウィルスの影響はどこ吹く風で、最高値更新を再度狙っている感じ。

S&P500チャートです

スポンサーリンク

米国10年債は不気味に下落(債券価格は上昇)

米国株式は絶好調も、投資家は油断すべきでありません。

何故ならば、株式と逆の動きをするはずの米国10年債価格は上昇(利回りは下落)しているからです。

米国10年国債利回りです。

本来であれば、株式に資金が回ると、米国10年債金利は上がる(債券は売られて価格は下落)するはずですが、最近は金利は下落傾向(債券は買われている)です。

何故こんなことが起こるかというと、

株式投資家は市場に楽観的で株式に投資していますが、逆に債券投資家は市場に悲観的で、債券に投資しているからです。

株式市場と債券市場のどちらが正しいかは、これまでの実績より債券投資家が正しい事が多いと言われており、株式投資家は過度の楽観を戒めて、過剰なリスクは取ることは注意したほうが良いと思われます。

新型コロナウィルスの影響で、中国、日本経済はギクシャクしていますが、米国経済はいまだ好調を保っており、今すぐに株式投資より降りる必要はありませんが、過度のリスクは避けたほうが良いと、最近は自分を戒めております。

虎之助は米国株と同時に、リスクヘッジとして金鉱株をポートフォリオの一部として保有しています。

何故ならば金利が下がると、金利が付かないゴールドが買われます。

また、ゴールド価格が上がると、ゴールドを採掘している金鉱株は数倍の値上がりします。
※逆にゴールド価格が下がると、金鉱株は数倍に値下がりします。。
以下は、中小型金鉱会社株式を集めたETF(GDXJ)です。

毎日更新される中国での新型コロナウィルス患者数・死亡者数が確認できる方法です

【新型コロナウィルス】毎日更新・中国政府発表の罹患者数をチェックする方法
毎日更新・中国政府発表の【新型コロナウィルス】罹患者数・死亡者数をチェックする方法を教えます。 また、現地の状況もご報告します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました