STOCK

株式投資

スポンサーリンク
STOCK

【銘柄分析 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)】タバコ高配当銘柄【配当利回り6.98%、英国ADR】

英国籍企業で、国際的にタバコ販売事業を展開する、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)を紹介します。 今回は低評価(星2つ)としましたが、虎之助は873株(約480万円)保有しており、キライな銘柄ではありません。ケント・メンソール(1㎎)の愛好家でもありました。。
STOCK

【銘柄分析 フィリップモリス(PM)】マルボロタバコ高配当銘柄【配当利回り4.98%、増配記録14年、低成長】

海外(米国外)でタバコ販売事業を展開するフィリップモリス(PM)を紹介します 日本でマルボロを購入する際は、フィリップモリス社より購入することになります
STOCK

【銘柄分析 アルトリア(MO)】タバコ高配当銘柄【配当利回り7.87%、増配記録13年、売上マイナス成長】

こんにちは。虎之助です。 米国国内でタバコ製造・販売事業を展開するアルトリア(MO)を紹介します  本記事では、(MO)の個人的な評価【採点表】と、会社概要、配当、業績、アナリスト予想などについて解説します。 ...
STOCK

【銘柄分析 アメリカンエクスプレス(AXP)】バフェット銘柄・ビジネス用途に強み【配当利回り1.17%、増配記録0年、増配記録ストップ】

・2020年に増配記録ストップ (それまで、約8年増配記録あり) ※減配でなく、配当額据え置きだが、あえて増配記録ストップさせる企業方針は個人的にNG ・売上高成長率(10年平均)、当期純利益成長(10年)、それぞれ3%、9%と低調 ・配当利回り(1.17%)と低い ・主要顧客がビジネス用途のため、今後のリモートワーク進展にともない、収益機会減少のリスクあり、辛口評価で(星2つ)評価
STOCK

【銘柄分析 マスターカード(MA)】決済テクノロジー企業・ビザと並ぶ世界的カードブランド 【配当利回り0.54% 増配記録11年 増配率(10年)38%】

・増配年数11年、増配率(10年平均)38% ※驚異の増配率 ・配当性向尾19%と増配余力高く、積極的な自社株買いあり ・営業キャッシュフローマージン(5年平均)45% ※通常目安は(15~35%) ・アナリスト予想EPS成長率(3年)22%、成長が期待 ・世界的決済サービス業で、寡占企業。『モート(堀)』高く、代替されにくい ・ただし、株価高く(高PER)、配当利回り低い(0.54%)ため、(星4つ)評価
STOCK

【銘柄分析 VISA】決済テクノロジー企業・寡占企業 【配当利回り0.7% 増配記録14年 増配率(10年)22%】

・増配年数14年、増配率(10年平均)22% ・配当性向尾21%と増配余力高く、積極的な自社株買いあり ・世界的決済サービス業で、寡占企業。『モート(堀)』高く、代替されにくい ・ただし、株価高く(高PER)、配当利回り低い(0.7%)ため、(星4つ)評価。
STOCK

【銘柄分析 SPGI】信用格付け・指数算出・寡占企業 【配当利回り0.8% 増配記録49年 増配率(10年)12%】

高い増配率、売上成長を続けている、金融サービス企業(SPGI)について紹介します。
STOCK

【銘柄分析 MSCI】米国金融サービス企業 【配当利回り0.9% 増配記録8年 配当成長率(5年)30%】

高い増配率、売上成長を続けている、金融サービス企業(MSCI)について紹介します。
STOCK

【銘柄分析 PRU】(プルデンシャルファイナンシャル)米国高配当保険会社 【配当利回り7.55% 増配記録12年】

最近のCOVID-19(新型コロナウィルス)影響で、米国株式市場が大きく調整しています。 この機会に高配当の優れた企業を購入したいと考えていますが、一番の購入候補がPRU(プルデンシャルファイナンシャル)です。 現在配当利回り【7.55%】まで株価は下がっており、今月中にタイミングを見て1万ドル程度の打診買いをする予定です。
STOCK

【米国株絶好調】但し米国10年国債金利は不気味に下落

米国株式市場は絶好調だが、過度のリスクは避けたほうが良い。との意見です。 何故ならば、株式と逆の動きをするはずの米国10年債価格は上昇(利回りは下落)しているからです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました