【配当金】定期的な不労所得・キャッシュフロー(2022年7月)【 671,018 円】

DIVIDEND
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【配当金】継続的な不労所得・キャッシュフロー(2022年7月)

月間配当金(2022年7月)

諸々忙しく、配当金履歴のUpdateが遅れてしまいました。

2022年7月の受取配当金(税引後)は、【 671,018円】でした。
配当を受け取った銘柄と金額は以下の通りです。

Ticker 銘柄名 配当金(税引後)JPY
MO アルトリア  67,686 
DVN デボン エナジー  47,629 
ARCC アレスキャピタル  555,703 
合計  671,018 

 

月別グラフでみた配当収入(2019年~2022年)

2019年からの配当収入を比較した月別グラフを作成し、今後のモチベーション維持を図ります。数値は全て税引後です。

2021年7月の配当実績は、【 545,058円】でした。

2022年7月の配当実績は、【 671,018円】でした。 (対前年同月比 + 23%)

 
前年同月と比較し (23%) の増加でした。
 
 
以下が、配当金の年間累計の推移です。
今のところ、2021年7月時点実績も上回って推移しています。
 
 
 
 
以下は累計配当金の推移です。
 
 
2019年からの累計配当金は 【 9,035,771円】となりました。
 

新規取引履歴(2022年7月)

2022年7月は売買取引はありませんでした。
 
米国のCPI総合が7月【予想8.7%→結果8.5%】と、予想を下回るポジティブな結果となり、インフレ懸念の一部後退で株価が上がっています。
(MSCI)(SPGI)(BLK)など、買いたい銘柄もスルスルと直近安値から10~15%上がってしまいました。
 
虎之助としては、9月に本格化するQT(量的引き締め)の影響と、インフレの下落傾向の見極めをしてから買い出動のタイミングを決めたいと考えています。
9月、10月に下落調整がある可能性を恐れています。
7月終了時点の買付余力は約3500万円程度です。
 
さて、どうなるでしょうか。
 

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました