【配当金】定期的な不労所得・キャッシュフロー(2022年6月)【 268,379 円】

DIVIDEND
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【配当金】継続的な不労所得・キャッシュフロー(2022年6月)

月間配当金(2022年6月)

諸々忙しく、配当金履歴のUpdateが遅れてしまいました。

2022年6月の受取配当金(税引後)は、【 268,379円】でした。
配当を受け取った銘柄と金額は以下の通りです。

Ticker 銘柄名 配当金(税引後)JPY
PRU プルデンシャルフィナンシャル  56,363 
PFF PFF  4,130 
SPYD 高配当株ETF  15,224 
MPC マラソンペトロリアム  27,338 
JEPI エクイティプレミアムETF  50,206 
ZIM ジムインテグレーテッドシッピング  112,128 
8596 九州リースサービス  838 
9728 日本管財  2,152 
合計  268,379 

月別グラフでみた配当収入(2019年~2022年)

2019年からの配当収入を比較した月別グラフを作成し、今後のモチベーション維持を図ります。数値は全て税引後です。

2021年6月の配当実績は、【 230,226円】でした。

2022年6月の配当実績は、【 268,379円】でした。 (対前年同月比 + 17%)

 
前年同月と比較し (17%) の増加でした。
 
 
以下が、配当金の年間累計の推移です。
今のところ、2021年5月時点実績も上回って推移しています。2022年年間合計で、2021年実績( 3,701,715円)を上回ることができそうです。
 
 
 
 
以下は累計配当金の推移です。
 
 
2019年からの累計配当金は 【 8,364,753円】となりました。
 

新規取引履歴(2022年6月)

2022年6月も5月に引き続き、市場はだらだらと下げました。
米国のインフレはピークは過ぎた感がありますが、いまだにFRB目標(2%)より遥かに高い場所(8.6%)にあるため、今後もFRBは利上げを進める恐れていました。
虎之助6月の売却明細は以下の通りです。
 
<6月売却明細>
【PRU プルデンシャル】 (約630万円売却) ※約300万円利益
【MPC マラソンペトロリアム】 (約600万円売却)※約400万円利益
【JEPI JPモルガン エクイティ ETF】 (約760万円売却)※約30万円損失
【PFF 】(約150万円売却)※約50万円利益
 
【PRU】【MPC】とも配当目的で所有していましたが、株価が大きく上がり、その後ピークから15%以上も下がってきていたので、両社とも今後の売上成長が疑問であったため、何回かに分けて売却していましたが、今回残りを全て一旦処分しました。
 
 
【JEPI】は高配当と、市場下落の際の値動きがマイルドになると予想して購入しました。
結果、高配当はそうでしたが、【JEPI】値動きが当初想定していたよりも下落方向に強かったため、このまま所有は精神衛生上良くないと考え、小さい損のうちに撤退しました。
 
6月終了時点の現金余力は約3000万円程度です。
 
 

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました