【配当金】定期的な不労所得・キャッシュフロー(2021年4月)【 485,973 円】

DIVIDEND
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【配当金】継続的な不労所得・キャッシュフロー(2021年4月)

月間配当金(2021年4月)

2021年4月の受取配当金(税引後)は、【 485,973 円】でした。

配当を受け取った銘柄と金額は以下の通りです。

Ticker 銘柄名 配当金(税引後)JPY
SRET 高配当REIT ETF  66,810 
PFF PFF  3,527 
3459 サムティレジデンス  17,521 
ARCC アレスキャピタル  398,115 
合計  485,973 
 
【SRET】が2021年3月配当が更に減配されました。
結果、現在の配当利回りは(税引き前約6%)と購入当初(2020年3月頃)と比較するとほぼ半額となりました。
但し、YOCは約7.6%。また、今後米国経済が回復するに従い、不動産賃貸市況回復することを予想しており、それにつれ【SRET】の配当金も上昇するのではないかと考えています。
個人的には【SRET】については、2021年は買い増しはせずとも、このまま継続保有します。
 
また、【ARCC】については、増配はありませんでしたが、減配も無く、税引き後で40万円弱と、相変わらず大きな金額が振り込まれました。
また、配当金だけでなく、株価も2020年2月の新型コロナ前の高値を更新し、資産金額上昇に一役買っています。
こちらも継続保有です。
 
 

月別グラフでみた配当収入(2019年~2021年)

2019年からの配当収入を比較した月別グラフを作成し、今後のモチベーション維持を図ります。数値は全て税引後)

2020年1月の配当実績は、【 75,669 円】でした。

2021年1月の配当実績は、【 485,973 円】でした。 (対前年同月比+542%)

 
 
2019年からの累計配当金は370万円を超えました。
 
 

新規取引履歴(2021年4月)

 
2021年4月は、株価が回復傾向だった【MO】アルトリアを買い増し(5千ドル位)。
また、2020年12月に損切した【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコを約2万ドル分再購入しました。
相変わらず購入タイミングが悪いなと思うのは、【MO】買い増し、【BTI】再購入したのは4/19でした。
ところが、4/20にバイデン政権のメンソール煙草の制限報道を受けて、【MO】【BTI】株価は下落。
本日(5/2)時点の株価では、【BTI】は約8%の含み損となっています。。
 
まあ、こればっかりはどうしようも無いです。
煙草株は、こういった制限、起訴リスクと切り離せないので、配当金を心のよりどころにホールドするしかないですね。
※前回の売却は、2020年の損出しと、他の有望株購入が理由でした。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました