【米国高配当株】連続増配高配当株ランキングの手軽な確認方法

STOCK
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。虎之助です。

将来のセミリタイア生活を支える、米国高配当株を探す方法をご紹介します。

将来の減配リスクを避けるため、配当利率だけでなく、PER、PBR、増配年数、等を手軽に簡単に確認可能です。

1.高配当株の定義(個人的設定)

以下で虎之助が考える高配当株の定義です。(結構柔軟に動かしてしまいます。。)

 

①配当利率: 一番気になります。出来たら5%以上欲しい。

②PER: 2019年12月時点で米国株の平均PERは【22.1倍】らしい。        平均以下で買いたいですね。ちなみに日本は【13.1倍】結構買われていますね。        

③配当性向率: たこ足配当を避けるため、一応チェックします。70%以下程度は欲しい

④増配年数:  長期的に増配を続けている企業は、配当方針が信頼できそうですよね。    下手に減配などしようものなら、経営者失格の烙印が押されるので、     経営者としてもおいそれと減配出来ないはず。

他に、PBR、企業時価総額、セクター、売上とキャッシュフロー推移など、判断基準はありますが、まずは上記基準でスクリーニングを掛け、気になる銘柄の詳細を確認する方法をとっています。

スポンサーリンク

2.高配当株の見つけ方

結論から言うと、下記ホームページで毎月更新されるリストをダウンロードするだけで、確認可能です。

Information and Tools - The Dividend Investing Resource Center
Understanding how dividend investing will help you become a more informed and successful investor.

(手順1)画面のDividend Champions Excel Spreadsheetをクリックの上、エクセルファイルを自分のPCの任意の場所に格納する

(手順2)エクセルにある複数シートがあります。”Champions”を選び、スクリーニングを容易にするため、フィルタを設定してください。ちなみに、以下3つのカテゴリー毎にシートが分かれています。

Dividend Champions: 10年以上増配継続企業(274社)

Dividend Champions: 25年以上増配継続企業(139社)

Dividend Champions: 5~9年間増配継続企業(456社)

(手順3)好みに合わせ、フィルタ選択し、有望な高配当株を見つけてください。知らない銘柄が続々出てきます。

それでは、配当利率(4%)、PER(20倍以下)で一旦スクリーニングします。

※よく使う数値は、配当率(J欄)、増配年数(E欄)、PER(AA欄)、配当性向率(Z欄)

3.結果発表

Company Ticker   増配年数 配当率% TTM 配当性向 1/31/20 Current Payouts/  
Name Symbol Industry Yrs Yield P/E Payout Price Dividend Year Annualized
Universal Corp. UVV Tobacco 48 5.72 15.01 85.88 53.15 0.7600 4 3.04
ExxonMobil Corp. XOM Oil, Gas 37 5.60 18.11 101.46 62.12 0.8700 4 3.48
AT&T Inc. T Telecommunication 36 5.53 17.66 97.65 37.62 0.5200 4 2.08
Mercury General Corp. MCY Insurance 33 5.13 13.16 67.56 49.09 0.6300 4 2.52
Chevron Corp. CVX Oil, Gas 33 4.82 14.90 71.77 107.14 1.2900 4 5.16
People’s United Financial PBCT Banks 27 4.60 12.05 55.47 15.42 0.1775 4 0.71
Franklin Resources BEN Capital Markets 40 4.27 10.77 45.96 25.30 0.2700 4 1.08
Weyco Group Inc. WEYS Distributors 38 4.24 12.38 52.46 22.65 0.2400 4 0.96
United Bankshares Inc. UBSI Banks 45 4.08 13.45 54.90 34.30 0.3500 4 1.40
National Fuel Gas NFG Gas Utilities 49 4.03 12.30 49.57 43.19 0.4350 4 1.74

①XOM(エクソンモービル)37年増配 配当5.8% PER18倍 配当性向101%

 ・言わずと知れたオイルメジャー。現在の原油価格下落に合わせ、価格も低迷中。ただし、圧倒の37年間増配記録。配当性向が101%と高いのが気になるが、キャッシュフローは問題無し。配当が6%を超えた場合、購入を検討。※同時にオイルメジャー株では、BP、CVXも購入検討しています。

②T(AT&T)36年増配 配当5.53% PER17倍 配当性向97.65%

  ・ベライゾン、スプリント、T-Mobileと並ぶ米国大手通信企業。エクソンと同様配当性向は高い。ただし、今後5Gのサービスが拡大するにあたり、重要性は増すか。2019年12月を底に、株価も上昇傾向。 ※虎之助も購入を検討しウォッチしておりましたが、欲張った挙句、買いそびれました。。

③MCY(Mercury General)33年増配 配当5.13% PER13倍 配当性向49%

  ・アメリカ金融セクターの安定銘柄。増配率は小さいが、PER13倍、配当性向49%と低め。現在下落トレンドだが、過去5年では株価45ドルあたりで反発しており、購入も有りか。

4.まとめ

米国株には、日本の代表的増配銘柄【花王 30年増配 配当1.42% PER27倍 配当性向39%】を軽く凌駕する連続増配銘柄がゴロゴロしています。上記シートを定期的にチェックし、購入検討銘柄を検討しておき、時折来る調整局面や、リセッション時に買い付け出動する際の参考としてください。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました