サラリーマンがセミリタイアで失敗しない4つの方法(Part 1)

LIFE
スポンサーリンク

こんばんは。虎之助です。

今日はセミリタイアを目指すサラリーマンが、いざセミリタイアを目指すにあたり、失敗しない方法を検証したいと思います。

以下、4点をセミリタイア前に十分検討・実行することにより、セミリタイア後の失敗するリスクを低減できると考えます

①支出を減らす
②収入を増やす
③資金を運用する
④税金を知る(勉強する)

①支出を減らす

セミリタイアへの近道は支出を減らすことです。
何故ならば、”収入を増やす””資金を運用する”ことは、自分ではコントロール不可の部分が大きく、また、効果が出るまで時間が必要です。

一方、支出を減らすことは、自分さえ決断すれば、今この瞬間からできます。
また、効果もすぐ(早ければ即日)出ます。

具体的方法を記載します。

①-1 家計簿を付ける(Money Forward 無料版を利用)

支出を削る場合、一番金額が大きい項目から削ることを検討してください。
そのためには、自分が毎月、何に幾ら消費しているか把握する必要があります。

一番有効な手段は、家計簿を付け、自分の支出内容・金額を把握することです。
市販の家計簿ノートに記載する。エクセルに記載する。何でもOKです。
但し、面倒だと継続しません。

虎之助は、アプリのMoney Forward(無料版)を利用しています。
(メリット;クレジットカード、銀行、証券会社、等10口座まで自動連係して、自動で家計簿作成してくれる)

パソコン、携帯、タブレットで使えます。しかも無料。他に色々アプリはありますが、Money Forwardが一番使い勝手が良いと思います。

虎之助は、30歳時点で貯金は30万円程度しかありませんでした。
但し、会社の先輩に言われて、家計簿を付けるようになり、1年後には100万円貯金出来ました。

無料家計簿アプリ『Money Forward』利用し、支出を見える化する

①-2 固定費を削る

支出を削る場合、変動費より固定費を削ることが肝心です。
また、固定費も大きい金額から順に削ってください。

固定費削減の一案として、

・携帯の契約を3大キャリア(DOCOMO等)であれば、格安SIMに変更
【10,000円→1,000円】

・利用していないスポーツジムを解約。近場の市営ジムを都度払いで利用
【8,000円→1,000円】

・複数サブスク契約していれば、本当に使うサービスのみ残し、後は解約
【4,000円→800円】

・不要な貯蓄型保険は解約。必要最低限(掛け捨てで十分)とする
・自動車を保有していれば、売却し、都度利用(レンタカー・シェアカー)とする
【20,000円→5,000円】

など、いろいろありますが、とにかく自分の支出を把握し、無いと、どうしても困るもの以外は、すべて解約することを検討してください。
解約しても、意外と苦にならない事に気づくはずです。

固定費のうち、大きな金額から削る

①-3 家計の予算を作り、毎月実行状況を確認する

固定費を削った後は、変動費を削減する事を検討ください。

ただ、食費、交際費、映画鑑賞、本購入、などの支出削減は心理的苦痛が大きい割に、固定費削減に比較して、効果が少ない可能性があります。

そのため、虎之助のおすすめとしては、一度大まかな予算を策定し、毎月、その達成状況を確認する程度でいいのではと考えます。

その程度の管理でも、『今月は飲み会で使いすぎたな~』と感じた月の次月は、少し抑えめにするなど、意外に無駄遣いを抑制する効果は発揮するはずです。

家計の予算作成は、アプリ(Money Forward)の予算作成機能がありますので活用ください。

『Money Forward』の予算機能を使い、毎月の支出の予実算管理をする。(変動費が自然と抑制される)

②収入を増やす

一般のサラリーマンの収入源は、勤務先からの給与収入のみと思います。

実際、虎之助も運用している株式・債券のキャピタルゲイン・配当収入以外は、勤務先からの給与収入のみです。

もし、貴方が30代であり、またご自分の給与水準に満足していないのであれば、転職を検討してはいかがでしょうか。
ただ、もし貴方が40代、50代である場合、転職による給与Upはよほど競争力があるスキル、能力が無いと転職による給与Upは難しいので、今いる勤務先で出世する事での給与Upを目指すほうが現実的と思います。

現在の給与水準に不満がある場合、30代以下であれば転職を検討する。
40代以上であれば、今の勤務先で頑張って給与Up目指す

今日は、ここまでにして、明日以降に③運用する、④税金を勉強する、についてUpします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました