【配当金】定期的な不労所得・キャッシュフロー(2020年12月)

DIVIDEND
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【配当金】継続的な不労所得・キャッシュフロー(2020年12月)

月間配当金(2020年12月)

2020年12月の受取配当金(税引後)は、【 224,896 円】でした。

配当を受け取った銘柄と金額は以下の通りです。

 
Ticker 銘柄名 配当金(税引後)JPY
BP BP ADR  12,708 
PRU プルデンシャルフィナンシャル  65,138 
SRET 高配当REIT ETF  70,342 
PFF PFF  3,291 
SPYD 高配当株ETF  17,970 
MPC マラソンペトロリアム  48,072 
8591 オリックス  2,789 
8596 九州リースサービス  2,592 
9728 日本管財  1,993 
合計  224,896 
 
上記銘柄群は、ほぼ含み益(30~40%)となっていますが、その中で今年一番パフォーマンスが悪かったエネルギーセクターであるBP(ブリティッシュ・ペトローリアム)よりも配当が入りました。
 
2020年2月に購入してから、コロナショックで株価下落後、1度半分損切しつつも、残り半分は株価回復を期待して持ったままですが、一向に回復しないですね。。
今年減配した時には、いっそのこと処分しようとも考えたんですがね。
本年も、このままズルズルと低迷したままならば、処分します。

月別グラフでみた配当収入(2019年~2020年)

2019年からの配当収入を比較した月別グラフを作成し、今後のモチベーション維持を図ります。数値は全て税引後)

2019年12月の配当実績は、【 47,985 円】でした。

 

2020年12月の配当実績は、【 224,896 円】でした。 (対前年同月比+369%)

今月はボーナス、給与で約200万円ほど入金しましたが、結局高配当株は購入できませんでした。

代わりに、IPOしたばかりで、AIを駆使したソリューションを大企業に提供する【AI(C3AI)】と、動画編集ソリューションを提供している【AIC】のTech株を購入してしまいました。

2社とも大きな将来性を感じて合計220万円分の購入ですが、今まで配当金の増加をKPIとして、一貫して高配当株に投資してきたので、今回Tech株を購入して、本当に良かったのか? と迷いがあります。

何故Tech株に手を出したかというと、高配当株の値動きの遅さと比較し、Tech株の値動きの速さに、完全に煽られてしまっています。配当金の増加をKPIにすると言いながら、何ともお恥ずかしい。

ただ、これらTech株については、高配当株と違い、毎回の四半期決算が良いかどうかと、シビアに観ながら保有継続判断をしようと考えています。

高配当株では配当継続性ですが、それとは違う観点のTech株に挑戦することにより、虎之助としてのスキルアップに繋がるのではと期待しています。

今後は、引き続き給与収入と配当収入を高配当株とTech株にコツコツ投資続けていきます。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました