【配当金】定期的な不労所得・キャッシュフロー(2021年9月)【 250,291円】

DIVIDEND
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【配当金】継続的な不労所得・キャッシュフロー(2021年9月)

月間配当金(2021年9月)

2021年9月の受取配当金(税引後)は、【 250,291円】でした。

配当を受け取った銘柄と金額は以下の通りです。

Ticker 銘柄名 配当金(税引後)JPY
BP BP ADR  14,128 
PRU プルデンシャルフィナンシャル  72,815 
SRET 高配当REIT ETF  68,099 
PFF PFF  3,604 
SPYD 高配当株ETF  12,262 
MPC マラソンペトロリアム  41,296 
XOM エクソンモービル  12,047 
2914 JT  10,360 
9284 カナディアンソーラー  15,681 
合計  250,291 

 

今月は仕事と、私生活に忙しく、毎月初の前月配当記録を更新できておらず、9月分更新が10月中旬となってしまいました。

そんな忙しい生活の中でも、配当金は自動的に入金していくので本当に忙しいサラリーパーソンの副収入投資手は最適ですね。

月別グラフでみた配当収入(2019年~2021年)

2019年からの配当収入を比較した月別グラフを作成し、今後のモチベーション維持を図ります。数値は全て税引後)

2020年9月の配当実績は、【 275,523円】でした。

2021年9月の配当実績は、【 250,291円】でした。 (対前年同月比 -9%)

 
前年同月と比較し – 9% と微減。減少分は昨年に損切した【ZMLP(MLP高配当ETF)】の影響です。
損切したというか、正確に言うと、損切させられた、と言ったほうが正しいです。
ETFの取引量が少なすぎて、運営会社(ZACS)より上場廃止にされてしまいました。
 
コロナショック(2020年3月)の暴落時にも、回復を信じて保有を継続していたのですが、運営会社で上場廃止されてしまうとは。
今でも存続していれば、現在のエネルギー価格の高騰により、大きく値上がりしていたはずなので、非常に残念です。
※【ZMLP】とは、北米を中心とした石油パイプライン運営会社となる複数のMLP(Master Limited Fund)に分散投資していたETFで、非常に高配当でした。ただ、たこ足配当の面もあったので、当時より上場廃止の危険性はありました。虎之助は高配当に目がくらんでいました。
 
 
以下は累計配当金の推移です。
 
 
 
2019年からの累計配当金は 【 5,141,651円】となり、500万円の大台を突破しました。
但し、最近は新規購入金額が少ないため、累計配当金の増加が鈍ってきています。
 

新規取引履歴(2021年9月)

 
2021年9月は、原油価格の高騰で、価格を上昇させた【BP:ブリティッシュ・ペトローリアム】を売却しました。
前月同様新規購入はありませんでした。
 
10月前半にかけて、(中国恒大集団のデフォルト懸念)(米国のインフレ懸念)(米国10年債利回りの上昇)(米国サプライチェーンの混乱による企業業績影響)と、様々な懸念より、米国株も一時的な調整が入りました。
 
SP500指数も50日移動平均線を下回り、200日移動平均線まで下落するかと期待していましたが、10月17日時点では、あっけなく、再度50日移動平均線を突破し、上昇しています。
以下がSP500のチャートです。
 
 
200日移動平均線まで下落した場合、新規の買い出動を予定していましたが、結局買えたのは、約50万円分(ABBV:アッヴィ)のみ。
このまま、株価は更に上昇するのかどうか、何とも言えません。
 
12月まで延長された米国債務上限問題、中国恒大集団のデフォルトによる不動産バブル崩壊、とリスクは残っているので、このまま簡単に上昇するとは考えづらいのですが。
 
虎之助としては、再度10~20%の調整があった際の追加購入資金は確保しておくため、今のタイミングで安易に追加購入しないように考えております。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました